シャトルの家=帰りたくなる家

メインイメージ

シャトルの家

  • 特徴その1:家族の仲がよくなる家
  • 家族のコミュニケーションは、
    間取りによって変わります。
    お母さんの家事の動線。
    お父さんが仕事から帰ってからの動線。
    自然に家族の会話が増えるような
    間取りの設計にこだわっています。
  • 特徴その2:居心地がよく落ち着く家
  • 家中どこにいても暖かい。
    いつ帰ってきても快適。
    機密性、断熱性、湿度調節は
    バランスが重要です。
    山形の風土にあった最適な数値を計算して
    過ごしやすいと感じる家をご提案しています。
  • 特徴その3:快適で過ごしやすい家
  • 人が心理的な安らぎを得るためには、
    照明、色彩、採光、アロマなど、
    様々な要素がが必要です。
    ついついウトウトしてしまうような、
    安らぎのある家には理由があります。
  • 特徴その4:デザインが素敵な家
  • デザインにもこだわりたい方のために、
    建築士とのコラボレーションによる
    家づくりをお選びいただけます。
    沢山の建築士の中から、
    あなたのセンスにぴったりな
    パートナーをお選びいただけます。
  • 特徴その5:趣味をとことん満喫できる家
  • 小屋裏、ガレージ、プレイルームなど、
    趣味をとことん満喫できる空間を
    1つ設けることで、
    家族の人生が広がります。
  • 外構工事
  • 太陽光パネル工事
  • 防音吸音工事
  • ガレージ工事 他

2×4工法(つーばいふぉーこうほう)とは、木造枠組壁構法(もくぞう わくぐみかべこうほう)とも呼ばれ、建築構造の木構造の構法の一 つである。欧米では標準的な木造住宅の構法であるが、日本でも 1974年頃から建築されるようになった。
木造枠組壁構法は、耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造である。 木造軸組構法が、柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、 木造枠組壁構法では、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち 付けた壁や床(面材)で支える。それゆえ、高い耐震性・耐火性・断熱性・ 気密性・防音性をもつ。

→詳細はWikipediaへ

★シャトルの家/キーワード検索
バナー1
バナー2
バナー4
バナー5
〒990-2421 山形県山形市大字上桜田4-12-35 [ GoogleMaps ]
TEL 023-633-4380 FAX 023-633-4385 Mail marukawa@shuttle-p.jp
Copyright (C) 建築工房シャトル All Right Reserved.

Access 426,639pv (2011.10.26〜) Today 131pv Yesterday 296pv Contents 68pages